■PROFILE

フープ

  • author: フープ
  • GNO2ルウム連に所属するフープ少佐の個人的な記録を残していく参戦録です^^
    ・私自身が好きなバスケネタを話し合うものです。
    ・PC関係のネタも取り扱います。
    ・「GNO2」に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社バンダイに帰属します。
  • RSS1.0
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ■ブログパーツ

    ブログ(blog)ならFC2
    ↑FC2ランキング
    banner_03.gif
    ↑ブログランキング
    ↑ブログジャンキー

    ブログ(blog)ならFC2
    ■紹介サイト
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--
    ランキングとバスケのお話し
    インターネットゲームランキングは23時現在 92位です!

    引き続き上目指しますので、うちのブログがよければクリックを・・・悪くてもクリック!?をお願いします~
    banner_03.gif


     今日はバスケットについて独断と偏見で語りたいと思います

     これまでは、個人の技術を少し話してましたが、今日はアウトナンバーについて書いていきます

     バスケット用語でアウトナンバーとは、オフェンス(攻めているほう)がディフェンス(守っているほう)よっり多い状態になっていることを言います というのも、そもそもバスケットボールは5vs5でやるものなんですが、2vs1とか、3vs2とかの状態になることがあります。 実際には速攻といって、ボールを相手のゴールのほうに持っていくのが早ければ、よく起きる現象です。

     チームの監督やコーチとしては、この状態をできるだけ作れるような、練習方法を考える必要があるのです。なぜかというと、アウトナンバーの状態ってのが得点の確立が高いからです。普通に考えればわかることですよね^^

     アウトナンバーの状態を作るためには、前に話した、走り始めを気をつけて、とにかく早く攻撃の状態を作ることです。攻守の切り替え、どこを走るか、というのを体に覚えこませないといけません。早く攻めて、ディフェンスが戻る前にゴールに入れてしまうのです^^

     ツーメン(2線)やスリーメン(3線ともいいます)などを反復練習です。そこで、パスの基本もマスターできますし、ランニングプレーの練習にもなります。その上で、途中から攻撃の人数ー1のディフェンスをいれて、実戦に入っていくことができます。

     このようなプレーというのも、小学校のミニバスから練習するべきだと考えています。小学校のころにちゃんとダッシュをすること、走る方向を瞬時に決める練習をすると、かならず役に立ちますし、高校からすると、簡単に覚えることはできません(高校生がなかなかできないのは実体験によります^^;)。

     もう一つ、アウトナンバーを作る方法(他もあるでしょうが・・・)のスクリーンプレイについて、後日書きたいと思います~ 

    ↓ 広告です ラーメン好きの私にはタマリマセン>< 地元大黒ラーメンは人気です(マイナーネタですいません) もちろん食べたことあります おいしかった~~!!
    日本中の極旨ラーメン集結


    スポンサーサイト
    バスケットボール | 00:03:10 | Trackback(0) | Comments(0)
    バスケネタ
    前回は1歩目の足の出し方の話をしましたが、今日はボールハンドリングについて

    ようするに、ボールに慣れろってことなんですが、意外とできないことなんですよ^^;

    「習うより慣れろ」とは言いますが、教えるほうからしたらそうもいかないので、その話を少しします


    上達する秘訣は、とにかくボールに触れておくことです


    ブラジルのサッカーが強いのは幼いころからサッカーに触れているわけであって、アメリカなどがバスケが強いのは、幼いころから3on3などで身近だからなんです

    では、どうするか!!なんですが、寝る間も惜しんでボール触っておくしかないということです

    その経験の差を補うと・・・


    教える時には、フットワークの時などにボールを使った体ほぐしの運動を取り入れることです


    ドリブル以外でもボールハンドリングをしながら、走ったり、立った状態からボールをバウンドさせておいて、座って、もう一度立ち上がってキャッチするなど

    いろいろあるので、飽きさせない工夫が要ります^^

    このようなことは、発達段階に応じて早いうちから練習する必要があります

    技術は後でもできることですので^^

    これは大人になっててもできることなので、いろいろ試す機会があった行ってみてください!

     広告リンクです 食への意欲は人一倍です^^(意味不明)
      この中のジンギスカンは食べてみたい・・・ いつか北海道に・・




    バスケットボール | 19:51:22 | Trackback(0) | Comments(1)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。